20歳を過ぎるまで、クレジットカードを持ったことがなくて、クレジットカードなしの生活が当たり前でした。

お金の管理も自分なりにしっかり出来ていて、少ないお給料ながらも毎月決まった額を貯金することも出来ていました。

そんな中、街でエステサロンの勧誘に引っかかり、現金で大金がない私はクレジットカードを持つことに。


その時は分割払いなら月々の支払いは1万円だし問題ないって思っていたんです。

それが、カードを持ったことによって、金銭感覚が狂って行きました。

貯金通帳にお金がなくても範囲内であればいつでも借りられることが、まるで「自分がお金持ち」になった気になり、友達にご飯をご馳走したり、好きな服を心ゆくまま購入したりするようになってしまいました。

気づけば、貯金はなくなり、毎月の支払い額も10万円を超え出して、困り果てた私が手を出したのが「リボ払い」でした。

リボ払いならどんなに使っても、毎月の請求額が同じなので生活には困らない。そこでまた気持ちが大きくなり、借金を増やし続けること約50万円。

これではいけないと思い死ぬもの狂いで返済をしましたが、計画的に使えない人にはリボ払いは向いていないと実感しました。

いまこそ良い経験となったと思っていますが、クレジットカードは生活をサポートしてくれど、魔法のカードではないことを頭に入れて使って行きたいですね。

毎月どんなに頑張って働いても、全て借金に消えてしまう生活はもう懲り懲りです。