30代前半男性です。

20代前半から、クレジットカード、ショッピングローンでの買い方を覚え、「ホビーや、国内旅行、飛行機などの交通代、家具の購入、生涯学習通販」など金額が、5,000円ぐらいものから、5万円ぐらいの買い物は、すべて現金払いはせずに購入してきました。

その為、毎月カードとショッピングローンの支払を何とか工面するループに入っていて、なかなか返済残高が無くならない。

20歳を過ぎるまで、クレジットカードを持ったことがなくて、クレジットカードなしの生活が当たり前でした。

お金の管理も自分なりにしっかり出来ていて、少ないお給料ながらも毎月決まった額を貯金することも出来ていました。

そんな中、街でエステサロンの勧誘に引っかかり、現金で大金がない私はクレジットカードを持つことに。


20代前半、5年ほど付き合っていた彼の実家が引越しをし、彼の兄とお嫁さん、お父様とお母様が暮らすことになりました。

ずっと実家暮らしだった彼が始めて一人暮らしをすることになり、いずれは一緒に住もうと考えていました。

それまで、実家暮らしで実家にお金も入れておらず、お給料は全て遊びのお金にしていた彼は、金銭感覚になれず、今までと同じようにカードで服などを購入していました。

飲み会のあと仕事の同僚に誘われてキャバクラに行くことになりそこではまってしまったのです。

最初のころはしっかり現金で支払っていたのですがみるみるうちに貯金がなくなりクレジットカードで支払うようになってしまいました。

もうやめようと何度も思いましたがやめられず自分の意志の弱さに自己嫌悪していました。

20代前半の頃、身体に不調があり病院を受診したところ、突然の手術を宣告されました。

一人暮らしということもあり、生活するだけで精一杯です。貯金なんてものはなく、実家は遠方で心配をかけたくないという思いから援助を頼むこともできませんでした。

ちなみに、病院の受診後数時間後には手術、そのまま1週間程の入院です。

私は3年前、デザイン関係の仕事をしていました。大きめのデザイン会社に勤めていたので給料も安定していて、ほどほどにいい生活を送ることが出来ていました。

しかし、安定もいいですが、徐々に独立心が芽生えて来て、会社を辞めて、自分でデザイン会社を起こしたいと思うようになりました。

その夢がかなって、円満退社をし独立をしたのですが、世の中、そんなに甘くはありません。

楽天カードを利用できるようになるまで、非常に時間がかかりました。

というのも、過去にクレジットカード会社でカードを作り、支払が遅れたことがあったからです。審査に通らなかったのです。

ですが、会社に勤めて何年かたち、収入もそれなりになってきてから、無事楽天カードの審査に通り、カードを所有することができました。

私が短大に入ってすぐの夏休みのことです。

当時、短大近くで一人暮らしをしていて、仕送りも貰ってはいましたが、華やかな周りのお友達と同じように、可愛いいお洋服が欲しい、ブランドのバッグが欲しい、サンダルも何足も買いたいっと物欲の固まりのようになってました。

そこに登場したのが、当時学生なら皆持って居たと思われるあるデパートのカードです。

私がクレジットカードを作成したのは、新社会人になる直前の冬でした。

デパートでの使用で貯められるポイントや、各種割引が魅力的で、審査に通った時はうれしかったです。

その頃はクレジットカードを使うといっても大きな金額ではなかったし、返済に苦労することはありませんでした。

状況が変わったのは、社会人になってからすぐのことです。

二十代後半になると、まわりがどんどん結婚しはじめ、結婚式が同じ月に三回とか重なる事もありました。いわゆるご祝儀貧乏です。

私は女ですから、パーティードレスの準備もありますし、美容室での髪のセットも必要です。一回の結婚式で、ご祝儀だけでなく追加でもいろいろとお金がかかってくるのです。

一人暮らしでしたから、お金には限度があります。どう頑張ってもご祝儀を用意出来ない月があり、キャッシングを決意しました。